ホーム > 症例

症例

20代男性 歯のデコボコと顎変形症(顔が曲がっている)を伴う受け口を、歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)で治療した症例 [2021年06月22日]

年齢・性別 26歳 男性
ご相談内容 物をうまく噛むことができない、デコボコの歯並びと大きく左方向に曲がったお顔が気になるとのことでご相談いただきました。
診断結果 デコボコ、左側への下顎のズレ(顎偏位)を伴った上下の奥歯の前後関係が正常な位置より下が前の(Angle classⅢ)受け口の症例でした。
治療方針 親知らずの抜歯のみで小臼歯は非抜歯で、またご本人の強いご希望で手術(外科矯正)は絶対にしたくないとのことでした。そのため、歯の外側の装置でワイヤーを用いて歯を全体的に動かしていきました。 
曲がったアゴ(偏位)の原因となる日常的な悪い習慣(噛み癖・就寝時の姿勢などの悪習慣)の改善を指導し、上・下・左・右の奥歯の位置を改善することで左側への下アゴのズレ(偏位)およびデコボコの改善を行いました。
治療期間 約2年6ヶ月
費用 1,010,000円(+税)
経過 非対称な顔貌もほぼ改善、手術することなくここまでよくなったことに患者さんにも大変満足していただけました。術後5年たった今でも嚙み合わせも安定しています。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前

治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

10代女性 「上の歯がデコボコに生えている受け口」を、歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)で治療した症例 [2021年06月22日]

年齢・性別 18歳 女性
ご相談内容 前歯のガタガタ、受け口が気になるとのことでご相談いただきました。
診断結果 デコボコがあり、上下の奥歯の前後関係が正常な位置より下が前にある(Angle classⅢ)症例でした。
治療方針 歯を抜きたくないとの患者さんのご希望もあり、小臼歯を抜かない治療方針(非抜歯矯正)をご案内しました。装置は歯の外側に装着し、ワイヤーを用いて歯を全体的に動かしていきます。
前方に斜めになっている奥歯(臼歯)を真っすぐに起こし(整直)、前歯と奥歯を結んだ平面(咬合平面)を作りなおすことで、前方にあった下アゴの位置(顎位)が徐々に正しい位置に戻り、デコボコも改善しました。
治療期間 約1年9ヶ月
費用 942,000円(+税)
経過 初診時よりも下アゴ(下顎)も後退し横から見た顔も改善しました。3年経った今も安定しています。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

20代女性 歯がデコボコに生えていて出っ歯を伴うオープンバイト(開咬)を、歯を抜かないで治療したケース [2021年06月22日]

年齢・性別 24歳 女性
ご相談内容 噛み合わない前歯、出っ歯、強い歯ぎしりにより、朝起きた時(起床時)にほほ周辺の筋肉に疲労感があるとのことでご相談いただきました。
診断結果 デコボコを伴った上下の奥歯の前後関係が正常な位置よりも上が前にある関係(Angle classⅡ)、前歯が重なり合わない関係(Open Bite)、かみ合わせ(咬合)の不正により、過度な力で歯ぎしり(ブラキシズム)を行っており、それにより奥歯に欠けた部分ありました。(右上第1大臼歯に欠損あり)
治療方針 患者さんのご希望もあり、小臼歯を抜かない治療方針(非抜歯矯正)をご提案しました。装置は歯の外側に装着し、ワイヤーを用いて歯を全体的に動かしていきました。 
また、飲み込み方の癖(舌を前方に出す)があったため、お口の周りの筋肉のトレーニング(筋機能療法)の指導も行いました。
上下の奥歯から前方に斜めになる状態(近心傾斜)を起こす(アップライト)ことで、前歯と奥歯を結んだ平面(咬合平面)を作り直して、下アゴが前方に導かれ、出っ歯、オープンバイト、奥歯の前後関係(臼歯関係)も改善し、過度な歯ぎしりも消失しました。
治療期間 約2年0ヶ月
費用 964,000円(+税)
経過 治療開始約1年で奥歯(臼歯)の嚙み合わせ(咬合)が改善し、起床時のほほ周辺の筋肉の疲労感も消失しました。治療期間は2年で、装置をはずして約2年経った今現在でもあと戻りはみられません。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

8歳女の子「前歯が出ていて気になる」歯を抜かないで矯正した症例 [2021年06月17日]

年齢・性別 8歳11ヵ月 女子
ご相談内容 上の歯が前に出ているのが気になるとのことでご相談いただきました。学校検診の際に出っ歯と言われたそうです。
診断結果 拝見したところ、確かにおっしゃるように上の前歯がほかの歯に比べて前に出ている状態でした。一般的には上顎前突と呼ばれ、学校検診でも指摘される可能性がある状態といえました。
今回はご本人、親御さんともに特に気にはしていらっしゃらなかったそうですが、詳しい検査の中で状態を確認されたことがきっかけで治療に至りました。
治療方針 首の方向に牽引する(サービカル)ヘッドギア(HG)と奥歯の高さを上げる装置(Bite Plate)により、奥歯の高さ(臼歯の咬合高径)をあげて、下アゴ(下顎)の前方への成長を促しました。
治療期間 約2年
費用 200,000円(+税)
経過 現在では下アゴ(下顎)の後退による出っ歯(上顎の突出)感の形跡はまったく見られません。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

小学校2年生の男の子「上下にクシャっと潰れたようなお顔」の受け口で奥歯でもの噛むときに下アゴを突き出さないと食事ができない。 [2021年06月17日]

年齢・性別 7歳5ヵ月 男子
ご相談内容 受け口が気になるとのことでご相談いただきました。
診断結果 奥歯の高さが低く(Low Angle classⅢ)上下の前歯が逆転している受け口(反対咬合)で、上下に潰れたようなクシャっとした顔貌が特徴的でした。
治療方針 当時別の歯科でも矯正治療を受けておられましたが、より患者に合った治療をということでセカンドオピニオンで来院されました。
結果、上・下の前歯の外側に装置をつけ、ワイヤーを用いて反対になっている前歯の嚙み合わせを治す治療を選択されました。
治療期間 1年6ヵ月
費用 45万円
経過 上下の前歯の重なり(被蓋)が改善し、上の前歯が前方で下の前歯と重なること(Jetが増大)
下アゴ(下顎)が後退したので奥歯の高さ(咬合高径)挙上のために奥歯の高さを上げる装置(Bite Plate)を使用しました。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療前

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

20代女性 歯がデコボコに生えている受け口を、歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)で治療したケース [2021年06月07日]

ご相談内容 受け口と下の前歯のデコボコが気になるとのことでご相談いただきました。
診断結果 デコボコを伴う上下の奥歯の関係が、正常な位置より下の歯が前にある受け口(下顎前突)の状態となっていました。
治療方針 親知らずのみの抜歯で、小臼歯を抜かずに歯の外側の装置により矯正治療を行いました。
前歯と奥歯を結んだ平面(咬合平面)を変えることで、嚙み合わせ(咬合)を作り直して下アゴを後退させました。またデコボコも改善させました。
治療期間 2年
費用 約960,000円(+税)
経過 改善した下アゴ(下顎)の位置の変化もなく安定しています。
受け口気味であることを、子供のころから気にされていたというお話でした。
今では横顔の雰囲気も変わりとても満足されているようです。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療後

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

20代女性 「八重歯、デコボコの歯が気になる」歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)で治療した症例 [2021年01月27日]

ご相談内容 八重歯、デコボコの歯が気になるとのことでご相談いただきました。
診断結果 拝見したところデコボコと歯が生えている状態(叢生)が確認できました。一方で、上下の奥歯の位置は一見するとほぼ正常(Angle classⅠ)でしたが、正確には正しい位置とは言えない状態となっていました。
治療は全体的に本来あるべき位置に歯を移動していく治療となり、奥歯も同時に動かさなければならないと考えました。
治療方針 患者さんのご希望もあり、小臼歯を抜かない治療方針(非抜歯矯正)をご案内しました。装置は歯の外側に装着し、ワイヤーを用いて歯を全体的に動かしていきます。
前歯と奥歯を結んだ平面(咬合平面)を変えることで、嚙み合わせ(咬合)を修正ました。これにより下アゴの位置(顎位)を調整し、デコボコの歯並びも改善しました。
治療期間 1年11ヵ月
費用 費用 956,000円(税別)
経過 この患者さんは日本人には珍しく元々口元が内側に入り込んでいる状態でした。通常はこのようなケースでは抜歯をしてデコボコを治しますが、これではさらに口元が引っ込んでしまい、老け顔(魔女の様な横顔)になってしまう可能性があります。
当院での治療後は初診時と比較して若々しく見えるようになったと患者さんにもご満足いただけました。その後も戻り等みられず、嚙み合わせ(咬合)も安定しています。
リスク ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

治療前

  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前
  • 治療前

治療後

  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後
  • 治療後

治療前後の横顔比較

治療前

治療前

治療後

治療後