• ホーム
  • 受け口
  • 40代女性「受け口ぎみでうまく物が噛めない、右側に曲がった顔貌が気になる」顎変形症と受け口をワイヤー矯正で改善した症例

CASE40代女性「受け口ぎみでうまく物が噛めない、右側に曲がった顔貌が気になる」顎変形症と受け口をワイヤー矯正で改善した症例

2022.05

ご相談内容 「受け口でうまく物が噛めない、右側に曲がった顔貌が気になる」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、通常は顎変形症と診断されるレベルの受け口の状態でした。
行ったご提案・治療内容 手術は絶対したくないとの患者様のご希望で、上下の外側にワイヤー装置をつけて矯正治療をしました。
奥歯の高さ、上下の歯のぶつかり方(嚙み合わせ)を変えることにより、顎の位置を修正しました。
術後の経過・現在のご様子 装置を外して約2年経った現在も、安定しています。
この治療のポイント 受け口の原因を改善するとともに、曲がった顔貌も改善するように努めました。
この治療のリスクについて ・ 装着中は発音しにくい場合があります。
・ 矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・ 治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になること があります。
・ 歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・ 冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

年齢・性別 40代女性
診療種別 自由診療
治療期間の目安 4年3ヶ月
治療回数の目安
治療費総額の目安 総額1,292,000円 <内訳>装置料780,000円、処置料8,000円x64回

治療前

治療後