• ホーム
  • 受け口
  • 20代男性「物をうまく噛むことができない、デコボコの歯並びと、大きく左方向に曲がった顔が気になる」 ワイヤーを用いた矯正治療で手術(外科矯正)することなく、歯並びと下アゴのズレを改善した症例

CASE20代男性「物をうまく噛むことができない、デコボコの歯並びと、大きく左方向に曲がった顔が気になる」 ワイヤーを用いた矯正治療で手術(外科矯正)することなく、歯並びと下アゴのズレを改善した症例

2021.06

ご相談内容 「物をうまく噛むことができない、デコボコの歯並びと、大きく左方向に曲がった顔が気になる」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 診査したところ、デコボコ、左側への下顎のズレ(顎偏位)が認められました。
また、上下の奥歯の前後関係が正常な位置より下の歯が前に出ている受け口が認められました。(Angle classⅢ)
行ったご提案・治療内容 歯の外側の装置でワイヤーを用いて歯を全体的に動かしていきました。  偏位(上下のアゴの中心が合っていない状態)の原因となる日常的な悪い習慣(噛み癖・就寝時の姿勢などの悪習慣)の改善を指導しました。
上・下・左・右の奥歯の位置を改善することで左側への下アゴのズレ(偏位)とデコボコの改善を行いました。
術後の経過・現在のご様子 非対称だった顔もほぼ改善し、手術(外科矯正)することなくここまでよくなったことに患者様も大変満足していただけました。
術後5年たった今でも嚙み合わせは安定しています。
この治療のポイント 上下の歯(特に右側の)がぶつかり始めると下アゴが左にズレて行くのでぶつかっている部分をぶつからなく移動、また左にズレてから噛み合う歯(特に左側の)をズレる前にぶつかるように移動することで曲がっている顔貌(偏位)を改善しました。
親知らずの抜歯のみで小臼歯は非抜歯にて治療を進めました。またご本人の強いご希望で手術(外科矯正)は絶対にしたくないとのことでこの治療をご選択しました。
非抜歯矯正で治療したのでふっくらとした歯並び(アーチフォーム)になりました。
また舌房も広く自然な感じ(まるで矯正治療を行っていないのに歯並びのきれいな人の様な仕上がり)となりました。
この治療のリスクについて ・装着中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。
年齢・性別 20代男性
診療種別
治療期間の目安 2年6ヶ月
治療回数の目安
治療費総額の目安 1,010,000円(税別)

治療前

治療後