顎変形症 gakuhenkeishou

顎の偏位(顔が曲がっている)のお話

一般には顎変形症(手術)と診断されてもおかしくない患者さんの症例についてです。

二十代後半の男の方です。主訴は下あごの前方への突出感、そして凸凹な歯並び、左に曲がった顔です。
噛みあわせが前左側に大きくズレていますので通常は手術と言われてしまう事が多い症例です。

まずは原因のひとつの日常生活の上での悪習癖などを止めるようにお話をし、そして上下左右の親知らずのみ抜歯して約2年の治療期間(症例により異なります)でごらんのように凸凹な歯並びも大きくズレたかみ合わせも良くなりました。
それに伴い曲がった顔もほぼ改善しました。
安易な診断による手術は一度行うと元に戻すことはできませんのでたいへん怖いと思います。

どうか私たちに誤った治療を選択をしないためのお手伝いをさせてください!
十二分にご説明いたします。セカンドオピニオンも大歓迎です。